かなり強い台風が来るそうですので罹災証明書のお話

 2019/10/9現在、かなり強い台風が来ているそうですので、罹災証明書のお話です。

 秋田にはめったに台風は来ないのですが、おととしの夏にやはりめったに来ない大雨が来てしまったので、その時にまとめを書いておきました。詳しくはそちらを。→過去記事「罹災証明書のもらい方 ―今回の秋田県の大雨関連―

 上の記事で、大事なところなのに赤文字にしなかったところがあるのでその部分について少し書いておきます。


「そういうのは被災証明じゃないの」というご意見もありそうですので、まずその話からしますと、

①「罹災証明書」は住宅が災害の被害にあった事を証明するものです。アパートや借家に住んでいる方ももらえます。
 まずは現場写真を撮っておきましょう。

②「被災証明書」は、家屋だけでなく家財などにも損失があったことを証明しなければならない場合に家屋以外の、家財、店舗、工場などが、「被害を受けたかどうか」のみを証明するもので、即日発行されます。
 「被災証明書」は各自治体によって判断基準が異なったり、そもそも被災証明書というものが存在しない自治体もあります。お住まいの自治体にお問い合わせください。

 この罹災証明の使い道ですが、

①税金・国民健康保険料の減免
 現場写真も撮っておきましょう。
②被災者生活再建支援金・義援金の支給
 早い段階でもらえるお金ですね。急ぎましょう。
③住宅応急修理制度の利用可
④仮設住宅・公営住宅への優先入居
⑤災害援護資金による無利息または低利での融資
 災害援護資金という支援制度があります。
⑥民間での支援
 民間金融機関からの低金利・無利息等での融資、私立学校等の授業料減免、災害保険の保険金受給などがあります。
 例えば災害保険の保険金を請求するような場合、罹災証明書を添付するようにと言われます。

 あとは過去記事をご参照ください。「罹災証明書のもらい方 ―今回の秋田県の大雨関連―

 各自治体によって判断基準が違ったりしますので、あまり詳しいことは書けません。詳細はお住まいの自治体におたずね下さい。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kusanagigyousyo

Author:kusanagigyousyo
秋田県大仙市の草薙行政書士事務所です。
大仙市を中心に県南部全域に出張いたします。(大仙市、美郷町、仙北市、横手市)
お気軽にお声掛けください。

連絡用フォーム

秋田県大仙市横堀字杉下116
電話 0187-73-6160

ホームページはこちら

ツイッターはこちらですが大したこと書いてません
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大仙情報へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
地域情報 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR